リビエリアロの床材…その後

以前、床材について書いたことがありましたが、今回はその感想です。(以前の記事はこちら → リビエリアロの床材)

床材はパナソニックのリビエリアロシリーズです。

一階はジョイハードフローリングA リアロを、二階はジョイハードフロアーA リアロ(1本溝シート)を採用し、色は両方ともメープルです。

ジョイハードフローリングA リアロ(一階)

ジョイハードフロアーA リアロ(二階)

以前の記事では、この二つの違いについて熱弁をふるっていますが、いざ住んでみると正直どっちでも良かったかな。(笑)

確かにじっくり見ると、ジョイハードフローリングの方が木目がしっかりしていて、柄も数パターンあるので自然な風合いが出てるとは思うのですが、普段の生活で床をそんなにじっくり見ることもないですからね。今まで来たお客さんの中でも、一階と二階の床材の違いに気付いた人はいなかったです。

実際の使用感ですが、子供の食べこぼしなどはサッと水拭きしておけば大丈夫なので楽ちんです。ただ、商品紹介のページでへこみやすり傷に強いとありましたが、それでもすでに結構キズができています。

まぁこれは、子供がおもちゃなどをガンガン落としたりしているので、ある程度しょうがないですけどね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です