【間取り】ウォークインクローゼットのこだわりポイント

二階の主寝室には、ヨメさんの要望でウォークインクローゼット(以下WCL)を付けました。

ヨメさんが独身時代に住んでいたマンションがWCL付で、その時に余程使い勝手が良かったのか、家を建てることが決まった最初から要望として挙げていました。

自分的には、服もあまり持っていないので普通のクローゼットで十分なんですけどね。。。

まあここで無理に反対すると、夫婦の均衡関係が崩れてしまいそうなので、即答でOKしましたけど。(笑)

WCLの中は、下の図のようにポールと固定棚を入れてもらう予定です。

赤い部分の壁は、引き込み戸に当たらないように少し間が空けてもらっています。

窓を付けるかどうかは最後まで迷ったのですが、通気のことを考えて付けてもらいました。

通気的には、もっと内部の固定棚の辺りに付けた方がいいのかもしれませんが、収納スペースが制限されることと、結露が心配だったので、今の位置になっています。

う~ん、ここまで書いておきながら、これといったこだわりポイントがないかも。。。(汗)

正直、WCLに関しては、ヨメさんの要望ということもあり、いまいち自分の中で使い勝手などをイメージできていないんですよね~

そのため、実際に住み始めてから「こうしておけば良かった」という残念ポイントが出てくると思います。。。

まだまだ先のことですが、実際に生活を始めたら、またそういう残念ポイントもまとめて記事にしたいですね。

それでは、次回は最後のこだわりポイント、「書斎」について書きます~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です