大工さんとコミュニケーション

今日はヨメさんが休みだったので、上棟後初めて夫婦揃って現場見学に行きました。

作業中は邪魔になると思い、昼休みを狙って12時過ぎに現場に到着。ちょうど棟梁がいたので声をかけて家の中を見学させてもらいます。

家の中に入ると棟梁の息子さん(大工)が横になって仮眠を取られていたので、起こさないように静かに見学です。(笑)

パッと見て前回から変わっているところは、一部の窓が入っていました。

トイレの窓

トイレの窓

ウォークインクローゼットの窓

ウォークインクローゼットの窓
あと瓦業者さんの車が止まっていたので、瓦も貼っていたみたいです。

一応何かあった時のために家の写真はたくさん撮っておこうと思っていますが、何を撮っておけばいいのか分からず、家に帰って見直したら何か木材同士を結合してる金具の部分ばかり撮ってるし…(笑)

今回の目的は家の状態を確認するのはもちろんですが、大工さんとコミュニケーションを取ることも大きな目的の一つだったので、一通り家を見学した後で棟梁さんと少し話をしました。

最初の顔合わせでは無口な人なのかなと思っていたら、まぁ~よく喋る喋る!(笑)

30分くらい話し込んだかも。

そこで判明したのが、同じ分譲地内で我が家以外にもモデルハウスを担当していたとのことでした。

そのモデルハウスというのが一番グレードの高い仕様で建てられた家で、それを任されるということは腕は確かなのかな!?

まぁ腕を疑っている訳ではありませんが、そういうのを聞くとちょっと安心しますよね。

顔合わせではほとんど話せなかったので、とりあえず良かったです~!!

よしっ!次は息子さんを攻めてみよう!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です